事業の紹介

社会福祉大会の開催
誰もが安心して自分らしく、いきいきと暮らせる福祉の村づくりを目指して、みなさんと一緒に考え、育てる集いです。

ボランティア活動の推進・ボランティアセンター
多様化していくボランティア活動への理解を広め、助け合いやボランティア活動、地域づくり活動を活発にするために、小川村ボランティアの集いを開催しています。また西山地域のボランティアネットワークの構築を目指し、長野市信州新町・中条を含めた西山三地区ボランティアの集いも開催されています。

心配ごと相談所開設
心配ごと相談所を開設し、みなさんの身近な心配ごとについて相談に応じます。
自分のこと、家族のこと、健康のこと等お気軽にご相談下さい。
・毎月第2水曜日:午後1時~3時30分 役場会議室で開設(有線放送にてお知らせします)

社協だより「はなまる」の発行
社協広報誌・ボランティア情報誌「はなまる」は、村内の福祉活動や事業を紹介しています。社協ではみなさんからのご意見や記事をお待ちしております。福祉に関すること以外の内容でもかまいませんので身近なできごとを事務局までお寄せください。
・年6回発行

生活福祉資金貸付事業
生活福祉資金制度の有効な活用についてお知らせし、相談や必要な貸付を行っています。
お問い合わせ 社協または民生児童委員

社会福祉普及校育成事業
小川小・中学校を『社会福祉普及校』に指定して、福祉体験教室を開くなど福祉教育 活動のお手伝いをします。また、夏休み体験塾の共催や学校での福祉教育、体験学習 への協力をします。

福祉団体等との連絡調整及び助成
老人クラブ連合会・遺族会・身体障害者福祉協会・手をつなぐ育成会・赤十字奉仕団・民生児童委員協議会・人材活用センターなど、福祉団体等と連携し、活動に協力及び助成、また自立に向けた支援をします。

募金等事業
各種募金事業
村内の皆さんのご協力により、赤い羽根共同募金や、各種災害義援金、日赤社資の募集を行います。
・日赤社資      5月1日~ 5月31日
・赤い羽根共同募金 10月1日~12月31日

小川村戦没者追悼式の開催
隔年開催、開催時期10月頃。

◎さわやかコール(安心コール)
一人暮らし高齢者等でご希望の方に定期的に電話をかけ、日々の会話や安否確認を行います。
○利用料  無 料

◎緊急通報対応
ひとり暮らし等の高齢者宅に設置してある「緊急通報装置」の第3通報先として、緊急時の対応を行います。
※第1、2通報先は親族や隣近所が主な通報先となっています。

◎生活支援ホームヘルプサービス
介護保険の対象外の方で、日常生活に支援の必要な高齢者等の方にヘルパーを派遣します。
・利用料 1時間300円

◎さわやか弁当サービス(配食サービス)
「ひとり暮らし」や「ふたり暮らし」の高齢者世帯、寝たきりの方等の家庭に配達ボランティアさんの協力を得て、あったかお弁当をお届けします。
・毎週火曜日実施 ※火曜日以外にも必要な場合はご相談ください。
・利用料一食400円(おかずのみ300円)

◎介護用品支給
要介護・要支援認定を受け、介護保険サービスを利用されており必要と認められる方に、所得に応じて紙おむつや尿取りパット等を現物で支給します。
○支給限度額 年間 15,000円~30,000円

◎福祉用具貸与
介護保険での利用ができない場合や、一時的に必要な場合にパイプベットや車イス等を貸し出します。
○詳しくは、社協までお問い合せ下さい。(一部有料)

◎介護職員初任者研修助成事業(旧2級ホームヘルパー養成研修)
村内に住所を有する方で、介護職員初任者研修課程を受講し、修了証明書の交付を受けた方に、その費用の一部を助成する事業です。(かかった費用が3万円を超える場合、一律3万円の助成)

◎高齢者生活福祉センター・高齢者生活支援ハウス運営事業
ひとり暮らし等で生活に不安のある高齢者の方が安心して暮らせるデイサービスセンターに併設した高齢者住宅です。
・対 象 おおむね65歳以上で自炊のできる一人から二人世帯の方など
・利用料 1ヶ月 3,000円~30,000円  ※この他、食費・光熱水費・介護サービス費用等は別途負担となります。

◎障害者等共同作業所「おひさまハウス」(地域活動支援センター)
家に閉じこもりがちな高齢者・障害者や身体の不自由な方などが、作業をすることにより社会参加や生きがいが持てるようにお手伝いをします。
・毎週月曜~金曜日(祝除く)
・日中活動8:30~15:00 年2~3回研修旅行あり、内容もりだくさん

◎障がい児者居宅介護事業(障がい児者ホームヘルプ)※新規事業
障がいをお持ちの方(障害支援区分認定を受けた方等)を対象にホームヘルパーが居宅を訪問し、入浴、排せつ、食事等の介護、調理、洗濯、掃除等の家事、生活等に関する相談や助言など、生活全般にわたる援助を行います。

◎介護予防事業(いきいきサービス、ずくだしてみる会)
介護が必要になるおそれのある方や一般の高齢者の方を対象に、要支援・要介護状態になることを予防するための事業です。

☆いきいきサービス☆
老人クラブの皆さんを対象に、「いきいきプラザ小川荘」を利用し、健康チェックをはじめ、レクリエーション等を通じて、介護予防・身体機能の向上を目指します。
○利用料 1回600円
 ※サービスには、昼食と小川村循環バス回
 数券(100円分)が含まれています。

☆ずくだしてみる会☆
主に要支援認定、要介護認定において「非該当」となった方を対象に、「いきいきプラザ小川荘」等を利用し、健康チェックをはじめ、レクリエーションや音楽療法、創作活動、バスハイク等を通じて、閉じこもり予防をはじめ身体機能の向上を目指します。
○利用料 1回700円

◎地域福祉サロン事業(まめってー会)
地区公民館や生活センターなどの身近な場所に集まっていただいて、「気軽に」「無理なく」「楽しく」過ごせる場をつくります。健康相談・茶話会・レクリエーション・創作活動など、ご希望に応じて地域の皆さんと一緒に計画いたします。まずはご相談ください!

地域包括支援センター事業
◎総合相談事業
高齢者の皆さま、ご家族、地域の皆さまから、福祉・介護に関わる様々な相談を受けます。

◎権利擁護事業

◎日常生活自立支援事業
高齢者虐待の早期発見・防止、消費者被害の防止、成年後見人制度の活用などにより、高齢者・障がい者のみなさんの権利を擁護します。

◎介護予防ケアマネジメント事業
要支援認定において要支援1・2と認定された方(介護予防サービス対象者)や介護が必要になるおそれのある方(介護予防事業対象者)の「ケアプラン(介護予防支援計画)」の作成を行い、一定期間において効果を評価します。

◎包括的・継続的ケアマネージメント支援事業
介護に携わる方々(例えば、担当するケアマネージャー等)への支援・助言や医療機関などとの調整を行います。

◎家族介護者交流事業
寝たきり等の高齢者を介護をされている方を対象に、日頃の疲れを癒し、リフレッシュしていただき、また介護者同士のネットワークを広げることを目的に開催します。介護・健康等に関する相談や、日頃のサービスに対するご意見・ご要望等もお聞きします。
○年2回開催(日帰り)

◎居宅介護支援事業
介護支援専門員(ケアマネジャー)が、介護に関する相談や介護サービス利用に当たっての調整を行ったり、介護保険の認定を希望される方に、申請手続きのお手伝いをします。
また、要介護認定を受け、希望される方には自己決定のもとに居宅サービス計画書(ケアプラン)等の作成を行います。

◎訪問介護事業(ホームヘルプ)

◎介護予防訪問介護事業(介護予防ホームヘルプ)
ホームヘルパーが、要介護・要支援認定を受けた方のお宅を訪問し、生活援助や身体介護等日常生活のお手伝いをします。
また、要支援認定を受けた方に対しては、自立した生活を送れるように、ご本人と一緒に家事等を行います。

◎通所介護事業(デイサービス)

◎介護予防通所介護(介護予防デイサービス)
要介護1~5の方にはサンリングで入浴・昼食・レクリエーション等で一日を楽しく過ごしていただきます。また、季節の行事や小・中学生の来訪もあり、交流を深めています。
また、要支援1・2の方には、介護予防を目的としてサンリングで入浴・昼食・レクリエーション等で一日を楽しく過ごしていただきます。
いつでも見学できますので、お気軽にお越しください。

◎短期入所生活介護事業(ショートステイ)

◎介護予防短期入所生活介護(介護予防ショートステイ)
家族の都合等で一時的に介護ができない時に、要支援・要介護の方にサンリングにお越しいただき、身の回りのお世話をさせていただきます。
日帰り・泊まりの利用ができます。(1ヶ月前から申込みいただけます。定員6名。連泊可能日数7泊8日)