福祉体験教室『すますま』にてシトラスリボン作りを行いました

2021年02月17日

小川村社会福祉協議会では福祉体験教室『すますま』として、

 

小川小学校4~6年生と一緒にシトラスリボン作りを行いました。

 

民生児童委員会に協力いただき、各クラスを訪問。

シトラスリボンについて説明した後、一人ひとり実際に作りました。

 

子どもたちからは、「シトラスリボンの意味が分かってよかった」「家でも作りたい」といった感想が聞かれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

シトラスリボンプロジェクトとは、誰もが新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがあるなか、たとえ感染しても地域のなかで笑顔の暮らしを取り戻せることの大切さを伝え、感染された方や医療従事者が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と受け入れられる雰囲気をつくり、思いやりがあり暮らしやすい社会を目指す、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。「シトラスリボン」のそれぞれの輪は、「地域」「家庭」「職場(学校)」を表現しています。

 

シトラスリボン公式URL  https://citrus-ribbon.com/